大腸のエネルギー源になる酪酸!肌艶の秘訣とは?

どんな働きをしているかご存知でしょうか?

nicoせっけんの効果は?

腸内細菌は何によって、どのように私たちのカラダに影響を与えているのでしょうか。世界中の研究者たちがその謎に迫ろうとしています。

そこで注目されているものが酪酸です。

酪酸は、腸内細菌の酪酸菌が腸に届いた食物繊維を発酵・分解することで作り出されます。短鎖脂肪酸の一種です。

短鎖脂肪酸には、酪酸のほかにも酢酸やプロピオン酸があります。そのうち、大腸で消費されるのが、酢酸やプロピオン酸の一部です。しかし、ほとんどが大腸の粘膜から吸収され、血流に乗って全身へまわります。肝臓・筋肉・腎臓に運ばれ、エネルギー源や脂肪を作るための材料に変わります。

その一方、酪酸は直接、大腸の粘膜上皮のエネルギー源になります。粘膜上皮細胞が必要とするエネルギーの約60~80%は腸内細菌が作る酪酸でまかなわれます。大腸の粘膜上皮には、ミネラルの吸収・水分・バリア機能を担う粘液の分泌機能があります。大腸が正常に機能するために重要なのが酪酸です。

酪酸は、腸の上皮細胞の新陳代謝を促すはたらきもあり、抗炎症作用もあります。「腸を鍛える」とも言われ腸活にも注目されています。

酪酸は腸を助けるヒーローです。

腸内環境が整うことで、脳も元気に!

腸内が整うことで、毒素が抜け脳もスッキリし頭の回転が良くなります。脳が疲れて考えがまとまらなかくなると、腸の働きが低下しやすくなります。腸が浮腫みやすくなります。脚の浮腫みなどにも影響を受けやすいです。それだけで体重も増えやすくたるみやすくなります。そこで、腸内環境を整えておくことで、腸の吸収をよくなるため、体に必要な栄養は吸収しやすく、要らないものは排出しやすい体になります。継続することで、体質改善にも繋がります。

そして、浮腫みが解消するためダルさからも解消されます。心も体も、気持ちまで軽くなり肌艶が出てきます。肌トラブルがある方は腸を見直すといいでしょう。