マスクのときは日焼けに注意

コロナ禍で毎日マスクをつけるのが当たり前になった世の中ですが、毎日マスクをつけていることで肌に少し影響があったように感じました。それは、素顔を人に見せることが少なくなったことによる表情筋の使用の少なさから来る顔のたるみです。家にいることが多くなり、外出してもマスクで表情は全く見えないため顔の筋肉を動かさなくなり、その影響で顔が弛んできたように思えます。

ビューティーオープナージェル効果!

これは悲しいですね。そしてマスクを常にしていると、夏は特にですが顔が蒸れてしまって肌が少し荒れてしまうことが多くなりました。また、マスクをつけて外出する際に一番気をつけなければならないことはやはり日焼け対策です。うっかり日焼け止めを忘れてしまうことはたまにありますが、そんな時にも常にマスクをしているのでそれが積み重なるとマスクの形に日焼けをしてしまいます。

目の上と目から下で色が違う!という悲しい結果になりかねないので、マスクをしている時は日焼け止めをしっかり塗ることを気をつけなければいけないです。マスクをしていても、生地によっては紫外線を通すものもあるので、マスクに隠れていないところだけに日焼け止めを塗るというのも危険かもしれないですね。