授乳期バストの深刻な悩み

女性の永遠のテーマ、バストについて。
私は現在、乳児を抱える母になりました。

学生時代はポッチャリ体系だったが故、バストサイズはDカップ。それなりの大きさがありました。当時の悩みは、『何を着ても胸が強調される』でした。バストラインが隠れる洋服を着ると着膨れし、ポッチャリどころかおデブちゃんに見えてしまう。かといって、YシャツやTシャツを着ると、不二子ちゃんかな?と思う位の胸の主張!!

ヴィアージュビューティーアップナイトブラの付け方や口コミなどをご紹介!

男子の目も気になり、女子からは『胸が大きいアピール』と揶揄われ、辛い思いをしました。

社会人になり、制服がYシャツという事もあって必死のダイエット。体重も約10kg落とし、バストサイズもCカップまで落としました。少し胸が小さくなっただけで、TシャツやYシャツを着た時のシルエットが綺麗で嬉しかったのを覚えています。

そして時は経ち、妊娠中期からどんどん大きくなるバスト。悪阻で体重は更に落ちた為、とてもアンバランスな見た目になりました。

それからも、留まる事を知らないバストの成長。
現時点ではEカップ程の大きさになっていると思われます。(授乳ブラの為、計ってはいないです。)

『子供を産むと、体系が崩れる』とはよく言ったものですが、やはり我が身で実感すると悲しいものがあります。
仕方がないと言われても、やはり気になる。

そして何よりも辛いのが、授乳ブラであるが故、何を着ても胸が垂れて見える事!!
バストのトップが下がるだけで、これ程までも老けて見えるのかと驚いてしまいます。

しかし、授乳が終われば次に出て来る悩みは、『バストが垂れる。萎む。』だと思います。バストサイズも元よりワンカップ下がるとか…。

授乳が終わった後は、これまで試した事のない『ナイトブラ』を付け、ケアをしていきたいと思っています。

乳首(バストトップ)のかゆみ

他人には中々相談しにくい症状で、女性として 発生する悩みの1つを経験いたしました。

日常 ふと気が付くと、40代に入ってから バストのかゆみが気になることがでてきました。

その症状の変化と対応方法を順にt記載いたします。最初のころは たまたま痒くなっているのかな?と思っていました。そのため、最初は痒くなっても我慢をしていました。このころは 乳首も痒いが、胸の他の場所も痒みが発生していたので我慢をしてました。この状態が長く続き、少し我慢できないかゆみになり服の上から撫で痒みを軽減するということをしていました。

 このころは少し服の上から撫でることで、痒みに対するストレスも軽減され、撫でることで多少その時は痒みが軽減されました。この状態も長く続きちょっと変だなと考えました。

お風呂での洗浄の方法がいけないのか?と考え、ボディーソープの変更をし、なるべく肌に優しい物を使用しましたが、この対応も症状が軽減されませんでした。次に考えたのは ・普段身に着けている下着の生地が合わない?  ・蒸れ?  ・洗濯時の洗剤が原因?など考え、これも対応をしていきましたが治りませんでした。

 正直このころには一番痒い場所は乳首であることは確定し、正直尋常じゃないほどの痒みが発生していました。

皮膚科に行こうか悩みましたが、近場の皮膚科の先生は男性が多く、相談しにくいのが悩みでした。市販のクスリで虫刺されの時に使用するものも使用しましたが、微妙に痒みが止まりません。自分が変なのか?と とても悩みました。

 この状態で数か月経過しており、正直ストレスが溜まっていました。ある日ドラッグストアで自分の症状に適した塗り薬をみつけました。悩んでいた数か月の間には見たことがなく、ビックリして、商品を購入し、使用したところ、数日で症状は解消されました。その薬の説明書に自分の症状と似た内容も記載されており、その痒みの理由も記載されて納得し、おかげで今はその症状はでておりせん。   以上

ブラなしで生活したいけど、できない!

毎朝起きて着替えるときに、ブラをしますよね。おしゃれ着用やスポーツ用など、何種類かのブラを使い分けていて、中には快適なつけ心地のブラもあってとても助かります。

でも、家に帰ってブラを外す瞬間は爽快です。引き締められた状態から解放されて、最高!そんな私は、休日や家で一日過ごす時くらいはブラをしないでいたい、と思うものの、問題があります。ブラをしないで洋服を着ると、落ち着かないんです。

せっかくブラをしなくても良いのに、普段ブラを付けている感覚に慣れていて、直接バストが洋服に触れている状態がリラックスできないんです。ブラって少しきついけど、普段快適な日々を過ごせるようにサポートしてくれているんだな、と実感しました。けれどやっぱり、バストが引き締められた状態から少しでも抜け出したいですよね。

着けていないような感覚の家用ブラや、ブラ無しで切られるような服が登場すると、良いのかもしれません。

ブラをする理由の一つとして、バストの形をきれいに保ったり、肩こりを抑えたり、というものがあるそうです。ブラをしたくない、と思うこともありますが、ブラをすることでバストに良い影響がたくさんあるんだなあと思っています。

20代前半で垂れてしまった私の乳

私の乳は12歳から膨らみ始めました。

当初の体重は普通でしたが、膨らみ始めた乳が気になり少し触っていたため、周りの子よりも大きく感じていた気がします。

乳というと、乳首は常に尖っているイメージですが、私の乳首はこの頃からなぜか真っ平で乳首に刺激が与えられたときのみ尖り不思議に感じていました。

中学生になり食べることが好きな私は体重がかなり増加し、気づいたらデブへの仲間入りをしていました。

当然、乳の体重も増しました。

中学時代でEカップでした。

バドミントン部に所属していましたが、スポブラを付けていても大きくて揺れ動いてしまう自分の乳がとても恥ずかしくて、

あえて大きく動かないようにしていました。

高校生になり、体重はさらに増加し、身長155センチ体重73キログラムのトドに成長しました。

乳もさらに成長し、アンダーバスト90センチバストサイズGカップのブラジャーはどこの売り場へ行っても見当たらず、探すのが大変でした。

体も大きいですが、胸もかなり大きく、服を着ると他人から見たら目に入ってくる程かなり大きく、あえて小さいブラジャーを付けていました。

社会人になり私の体重は51キロの標準体重へ戻りました。

それとともにもちろん乳もしぼみました。

現在はアンダー75センチEカップです。

膨らんだ風船がしぼみ、垂れ下がりました。

20前半でしぼんでしまい、体型が見える服を着ると垂れているのが分かり、とても恥ずかしかったです。

女子たちが、コソコソと私の乳の話をして笑っていました。かなりショックでした。

胸が大きいせいで、巨乳好き男子からは体目的で誘われることが多かったです。

脱いでみたら、「えっ?」という反応をされました。

一生付き合っていく大切な自分の乳で現在もかなりコンプレックスを抱えています。

バストに自信を持てるよう真剣に向き合っていきたい

日々変化する女性の身体。体型の変化と共に、もちろんバストの大きさや形も変わっていく。

私はいわゆる「貧乳」と言われるような小ぶりなBカップのバストと20年以上仲良く付き合ってきた。もうこのまま劇的にサイズが変わる事はないだろうと確信していたが、ひょんなことからバストに変化が訪れた。それは食生活、主にお酒を好きになった事がきっかけだ。

食生活が変わり体重が増えると、もちろん今まで着けていたブラジャーが合わなくなった。下着屋さんで久しぶりにフィッティングをしてみると、なんと3カップアップのEカップになっていたのだ。店員さんによれば、私のバストはかなり柔らかく流れやすいとの事。

その為、機能性の高いブラジャーでしっかり支えなければ垂れてしまうので気をつけてと言われた。

Bカップの頃バストが垂れる心配など人事のように思っていたが、急激なバストのサイズアップをきっかけに生まれて初めて自分のバストと真剣に向き合う事ができた。Eカップのブラジャーにぴったり収まるバストではあるが、ブラジャーを外せば脇に流れてしまいとてもEカップとは思えない見た目。

ブラジャーによっては柔らかすぎるバストを支える事が出来ず、選べるデザインも限られてしまう。一緒に銭湯に行く仲の友人にサイズアップを報告しても信じてもらえない。

こんな悩みを抱える日が来るなんて夢にも思っていなかったが、自分のバストと真剣に向き合う大切なきっかけだった。それからは、生まれて初めてナイトブラを購入し着けてみたり、バストマッサージや筋トレをする事で少しずつだが自信を持てるバストに育ってきた。突然の身体の変化に戸惑い悩む事も多いが、これからも一生付き合っていくバストに自信を持てるよう真剣に向き合っていきたい。